Carl Barât

p>伝説のロックバンド「ザ・リバティーンズ」のカール・バラーのソロアルバムからの1曲。ザ・リバティーンズやダーティ・プリティ・シングスでの活動を経た彼がこのソロアルバムに収めたのは、メロディーにフォーカスした、正直でシンプルなサウンドの曲です。UKロックシーンの今が感じられるアルバムです。